健康管理のコツと役立つ情報を学ぶ「医療・看護フェア」が開催

 箕面市立病院では、5月12日の「看護の日」にあわせて、日頃の健康管理や医療・看護に関する役立つ情報を、医師や看護師などの医療スタッフが伝える「医療・看護フェア」を毎年開催しています。
今年は、5月9日(木曜日)・10日(金曜日)に開催され、栄養バランスのチェックや骨密度の測定、脳の健康チェックなどのほか、健康をテーマにした講演会や催しが行われました。
栄養バランスチェックでは、実物大の食品サンプルからよく食べているものを選んで機械の上に乗せると、カロリーや栄養素など栄養バランスが分かる食育SATシステムの実演があり、来場者は、前日に食べたものなどをサンプルから選んで、大阪青山大学の先生や4回生から、日ごろの食事の栄養バランスの解析とアドバイスを受けていました。
手伝っていた同大学の学生は「食塩相当量が多いかたをよく見かけます。知らず知らずのうちに摂取していると思うので、味の濃い食べ物には注意してください」と話していました。

場所:箕面市立病院
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!